gotop

  • HOME
  • 私たちが大切にしていること
  • ご相談の流れ
  • オンラインコンサルティング
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
勧誘販売方針・プライバシーポリシー

保険会社「ラディカルコンシャス株式会社」HOME > 勧誘販売方針・プライバシーポリシー・コンプライアンス基本方針

ラディカルコンシャス株式会社

〒810-0042
福岡県福岡市中央区赤坂1-12-2-1F

TEL:092-724-4758

  • 会社概要
  • 取扱保険会社
  • 相談窓口
  • 採用情報
  • 勧誘販売方針・プライバシーポリシー・コンプライアンス基本方針

勧誘販売方針

1. 法令等を遵守します。
  1. 保険商品の販売等に係る勧誘にあたっては、法令、会社の方針、規定、手続き等(以下、「法令等」といいます)を遵守することを最優先いたします。
  2. 生命保険募集人に対する法令等の遵守に係る教育・指導の徹底をはじめ、 法令等遵守体制の強化に努めます。
2. お客様にとって最適な商品をご提案します。
  1. 保険商品の販売等に係る勧誘に際しては、お客様の加入目的、収入・資産やご家族の構成等に照らして、最適な保障内容・妥当な保障額の商品をご提案するよう努めるとともに、会社の定める基準等に即した運営管理を徹底し、契約者間の公平性に配慮します。
  2. 外貨系の保険、変額年金保険等、リスク性商品を販売する場合には、お客様の加入目的や投資経験・年齢・知識・財産・収入の状況等に十分留意し、お客様のニーズに合致した商品をご提案するように努めます。
3.勧誘の際はご迷惑をおかけしません。
  1. お客様のお仕事や生活の平穏を害することのないよう、訪問や電話による勧誘の時間には十分配慮いたします。
  2. お客様に対して常に節度ある態度で接し、威圧的な態度や乱暴な言動等をもって著しく困惑させるような行為は一切いたしません。
  3. 生命保険・損害保険・その他の金融商品を販売する場合には、商品及び引受保険会社についてお客様の誤解を招くことがないよう、明確に区別して取扱います。
4.重要事項等をご説明させていただきます。
  1. 保険契約の内容及びご契約に関する重要事項については、「ご契約のしおり・約款」「重要事項説明書」(「ご契約に際して大切なことがら」)等の書面の交付等により説明を行い、お客様が十分に理解された上でご加入いただくよう努めます。また「パンフレット」等の募集資料は、会社の規定に従った適正なものを使用します。
  2. 生命保険募集人に対しては、定期的に商品内容、お客様に対して説明すべき事項、説明に際して考慮すべき事項及び説明方法等についての研修、勉強会等を行い、お客様に対して十分な説明ができる体制の強化に努めます。
5.お客様に関する情報は適正に取り扱います。
お客様のプライバシーを保護する観点から、お客様に関する情報は業務上必要な範囲で収集・使用するとともに、厳重な管理を行う等、適正に取り扱います。

プライバシーポリシー

個人情報に関する取扱いについて

個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険業に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドラインを遵守して、個人情報を適正に取扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
個人情報の取扱いが適正に行われるように従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。
また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し改善いたします。

1.個人情報の取得
十分な安全管理措置を講じ、業務上必要な範囲で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。
2.個人情報の利用目的?
各保険会社より保険業務の委託を受けて、取得した個人情報を、各社の損害保険、生命保険及びこれらに付帯・関連するサービスの提供等の各社の業務の遂行に必要な範囲内で利用します。その他の目的に利用することはありません。
上記の利用目的の変更は、相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲においてのみ行います。
3.個人データの安全管理措置
取扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備及び実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、正確性・最新性を確保するために必要かつ適切な措置を講じ、万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策をします。
4.個人データの第三者への提供
個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
5.センシティブ情報の取扱い
お客様の健康状態・病歴などのセンシティブ情報につきましては、保険業法施行規則及び「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」により、お客様の同意に基づき業務上必要な範囲で利用するなど業務の適切な運営の確保その他必要と認められる場合に利用目的が限定されています。
これらの利用目的以外には、センシティブ情報を取得、利用または第三者提供しません。
6.お問い合わせ窓口
当社に対するご照会、下記お問い合わせ窓口にお問い合わせください。また保険事故に関するご照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にお問い合わせください。
ご照会者がご本人であることをご確認させていただいた上で、対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

■お問い合わせ窓口

【会社名】ラディカルコンシャス株式会社
【所在地】〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-12-2-1F
【電話番号】092-724-4758  担当:?村(まつむら)

コンプライアンス基本方針

ラディカルコンシャス株式会社は経営理念の実現に向け、コンプライアンスの実践を経営の最重要の一つと位置づけ、お客様、従業員、取引先様、地域社会など全ての関係者から信頼される企業を目指します。

法令遵守の徹底
法令及びルールを遵守し、社会規範に基づき行動し、公正で透明性の高い企業活動を行います。
お客様の満足向上
お客様の視点に立ったサービスを提供すると共に意見を広く受け止め、お客様の満足向上に努めます。
お取引様との適切な関係
お取引様とよきパートナーシップに努め、誠実で良好な信頼関係を築きます。
人権の尊重
お客様をはじめとするあらゆる人の人格や個性を尊重し、不当な差別や人権侵害の防止に努めます。
反社会勢力との関係の遮断
社会に秩序や安全に脅威を与える反社会勢力に対し、会社を挙げて全員で毅然とした態度で臨み、一切の関係を持ちません。
?

RadicalConscious株式会社
2012年4月制定

お客様本位の業務運営に係る方針

定2019年4月1日

RadicalConscious株式会社(以下、「当社」といいます。)は、地域密着のFP事務所として、長期的な視野に 立ち、健全な経営に徹するとともに、高い倫理観と良き企業市民意識を持ち、業務運営において、常にお客様本位で考え、お客様に誠実かつ真摯に向き合っていくため、以下の方針を定めます。

1.お客様本位の業務運営
お客様の良き相談者としての責務を自覚し、社会の未来形成に貢献すべく、高度な資産形成の知識を高め、高品質な情報提供に努めてまいりました。今後も、あらゆる業務運営においてお客様本位で行動するよう努めます。
2.商品のご提案
当社は、複数の保険会社の商品を取り扱う総合乗合代理店として、法令等を遵守し、以下の事項を徹底するよう努めます。
  • 常にお客様の立場に立ち、ライフプランに基づいたコンサルティング活動を実践し、お客様一人ひとりのニーズに合った保険商品のご提案をいたします。
  • お客様のご意向と実情に応じた商品の提案、勧誘を行い、商品内容およびリスク内容について十分なご説明をいたします。特に市場リスクを伴う投資性商品を販売する際は、お客様の商品に関する考え方、投資知識、経験、資産の性格、財産の状況および商品購入の目的等に照らして適正な勧誘を行い、商品内容およびリスク内容について十分なご説明をいたします。
  • お客様に高品質な情報提供や十分なご説明を行うために、社内研修等を通じ、常に専門知識の向上に努めます。
3.利益相反の適切な管理
当社は、お客様の利益を不当に害するおそれのある取引を適切に把握・管理するための体制を整備し、維持・改善に努めます。
4.お客様の声を経営に活かす取組
当社は、お客様のご要望に、誠実かつ迅速にお応えするとともに、お客様の声を大切にし、学び、業務運営の改善に努めます。
5.方針の浸透に向けた取組
当社は、当社社員があらゆる業務運営においてお客様本位で行動していくため、研修体系等の整備および当方針の浸透に向けた取組を進めます。

お客様本位の業務運営の定着度合いを客観的に評価できる評価指標

定2020年12月1日

RadicalConscious株式会社(以下、「当社」といいます。)は、社内の目標と達成するための重要な業績評価の指標を作成し、 達成状況を定点観測することで、目標達成に向けた組織のパフォーマンスの動向を把握します。

指標1.お客様本位の業務運営
当社の取り組み方針の検討会議・・・年12回以上
指標2.商品のご提案
  • ライフプラン実施件数・・・年200件以上
  • 投資性商品に関するロープレ研修・・・年2回以上
  • 投資性商品に関する社外研修・・・年2回以上
指標3.利益合違反の適切な管理
自己点検・・・年12回以上
指標4.お客様の声を経営に生かす取組
社内の情報共有会議・・・週1回以上
指標5.方針の浸透に向けた取組
社内研修及び全体会議の実施・・・年12回以上